Nmbd が無数に起動する

提供: Samba-JP
2006年8月22日 (火) 10:46時点におけるRibbon (トーク | 投稿記録)による版 (新規追加)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先:案内検索
KB番号 J0078
最終更新日 2003/03/18
作成者 たかはしもとのぶ
最終更新者

対象

この文書は、以下のプロダクトに付いて説明したものです。

  • Samba 2.2 系列
  • Samba 2.0 系列

現象

Samba を起動すると、以下のように nmbd が無数に起動した状態になります。

# ps aux | grep nmbd
root       212  0.0  0.4  2676 1032 ?        S    22:39   0:00 /usr/sbin/nmbd -D
root       214  0.0  0.4  2676 1032 ?        S    22:39   0:00 nmbd -a
root       216  0.0  0.4  2676 1032 ?        S    22:39   0:00 nmbd -a
root       218  0.0  0.4  2676 1032 ?        S    22:39   0:00 nmbd -a
root       220  0.0  0.4  2676 1032 ?        S    22:39   0:00 nmbd -a
root       222  0.0  0.4  2676 1032 ?        S    22:39   0:00 nmbd -a
root       224  0.0  0.4  2676 1032 ?        S    22:39   0:00 nmbd -a
root       226  0.0  0.4  2676 1032 ?        S    22:39   0:00 nmbd -a
root       228  0.0  0.4  2676 1032 ?        S    22:39   0:00 nmbd -a
root       230  0.0  0.4  2676 1032 ?        S    22:39   0:00 nmbd -a
root       232  0.0  0.4  2676 1032 ?        S    22:39   0:00 nmbd -a
root       236  0.0  0.4  2676 1032 ?        S    22:39   0:00 nmbd -a
root       241  0.0  0.4  2676 1032 ?        S    22:39   0:00 nmbd -a
(以下同様)

nmbd を kill して再起動しても状態が改善されません。

原因

この現象が発生する原因としては、何らかの原因で Samba (nmbd) をデーモンとして起動しているにも関わらず、inetd や xinetd などのスーパーデーモンから起動される設定も行なわれている場合が考えられます。

原因を確認する上では、通常 /etc/inetd.conf や /etc/xinetd.d/ 以下にある設定ファイルを確認して、nmbd が起動する設定になっていないことを確認した上で、一度すべての smbd と nmbd を停止させ、改めてデーモンとして smbd と nmbd を起動させてみてください。

上記原因の場合は、事象が改善されている筈です。

本技術情報は、debian-users:35979 からの一連のスレッドを元にして構成されています。