利用者・トーク:Ribbon

提供: Samba-JP
移動先: 案内検索

テスト

[Samba] v3.2.0 and MS-DOS: Directories must be upper-case?? は久しぶりにWindows98を動かしてみたけれど再現せず。Ribbon 2008年8月1日 (金) 14:02 (JST)

Tunneling SMB over SSH: Secure file sharing は、sshトンネルがうまく掘れなかったので動作せず。ローカルホスト用のネットワーク定義をしたが、そこにアクセスするとWindowsファイアウォールがはじく。 Ribbon 2008年8月18日 (月) 14:22 (JST)

Sambaドメイン評価環境(OpenSUSE)

仕様

Sambaの仕様

[Samba] Rename to open file doesn't work, why?は、ext2/3ではオープンしたファイルのリネームが出来るけどWindowsやcifsfs上では出来ないという話。これは仕様の差。

[Samba] valid users limits (amount of user entries)は、パラメータ長が3.0.xでは1024文字までだが、3.2.xでは制限がなくなったという話。

MSの仕様

プロトコル関係

SAMRについてはMSDNのページに解説がある。

その他

[Samba] Bad certificate at lists.samba.org?によると、lists.samba.org の証明書はhttp://www.samba.org/samba/ftp/Samba_CA.crt にある。Ribbon 2008年8月25日 (火) 18:16 (JST)

http://samba.org/ftp/tridge/dbench/にSamba用ベンチマークがある。 Ribbon 2009年12月16日 (水) 02:02 (UTC)

翻訳関係

findsmb.tgz にサンプル例。

ドキュメント

HOWTO

  • 第一章の表1.1,1.2と第41章の表41.1とは矛盾。後者の方が正しいはず。

MSのKB

関係ありそうなもの

CIFS(Linux)

  • Ver 1.60の変更点
    • s_maxbytesが少し小さくなって、sendfileがcifs再マウント時に動くようになった。
    • noforcegidとnoforceuidマウントパラメータの追加。
  • Ver 1.59の変更点
    • serverinoがサーバがサポートしていた場合、既定値でONになり、クライアントが生成する代わりにサーバのinode番号を使うようになった。
    • forceuidとforcegidマウントオプションが追加。
    • scope mount parmのサポート。
    • ディレクトリに対するDOSのREAD-ONLY属性ビットを設定しないようにした。
  • Ver 1.58の変更点
    • DFSターゲットに直接リダイレクトする場合に共有をrootでマウントできるようになった。
  • Ver 1.57の変更点
    • 同じサーバに別のUIDで複数マウントできるようになった。
    • SMB Flushを行わないパラメータの追加。
    • Posixファイルオープンの追加。
  • Ver 1.56の変更点
    • forcemandatorylockオプションの追加。
  • Ver 1.55の変更点
    • ブロッキングTCP送信を使うように変更。
  • Ver 1.54の変更点
    • nodfsマウントオプションの追加。
  • Ver 1.53の変更点
    • DFSのサポート
    • dynpermオプションの追加

LDAP連携

LDAPのコントロール

Sambaでは、LDAPのコントロールを使っている。検索時にpagedResultsControlが使えるかをLDAPサーバに問い合わせし、 使えるようであれば検索時にそれを使う。具体的には、lib/smbldap.c内に、smbldap_search()と smbldap_seahttp://wiki.samba.gr.jp/mediawiki/index.php?title=%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%80%85%E2%80%90%E4%BC%9A%E8%A9%B1:Ribbon&action=editrch_paged()という関数がある。

堀田さんの評価環境構築スクリプト

http://net-newbie.com/samba/ というのがあった。

Windowsクライアント関連

プロファイルの既定値を変更する

リスクは高いが、ある程度変更は可能。

バグ

ACLのバグ

その他

プログラム

Sambaのログを所定のログレベルで表示させるプログラム

#! /usr/bin/perl
#
#  filter samba log file spesified log level
#  Written by ribbon@samba.gr.jp   under GPL 2 or later
#
use strict;
my $loglevel;
my $tmploglevel;
my $printlevel;
my $date;
my $time;

$loglevel = 999;
$printlevel = 3;

if (@ARGV[0] == "") {
    die "Usage: filtersambalog printloglevel\n";
} else {
    $printlevel = @ARGV[0];
}

while(<STDIN>) {

    ($date,$time,$tmploglevel) = split;
    if($date =~ /^\[\d\d\d\d\/(0|1)\d\/(0|1|2|3)\d/) {
        ($loglevel) = split "," , $tmploglevel;
    }
    print if ($loglevel <= $printlevel);
}