Sambaとは

提供: Samba-JP
移動: 案内, 検索

 Samba(「サンバ」と呼称します)は、以下の UNIX および UNIX互換マシンを Windows NT/2000互換のファイルサーバ/プリント・サーバにするオープン・ソース・ソフトウェアです。

ファイルサーバとしてだけでなく、Windows NT4 相当のWindowsドメインを管理するドメインコントローラとしても利用できます。

GPL (GNU General Public License) の元(3.0.xまではGPLv2、3.2.0以降はGPLv3)、自由に利用することができます。

Linux, Sun Solaris, Mac OS X, FreeBSD, HP-UX, IBM AIX, IBM MVS, SGI IRIX, NEC UX/4800, SCO UnixWare, Compaq Tru64 UNIX, NetBSD, MachTen など他多数の環境で動作します。

 Samba はオーストラリアの Andrew Tridgell 氏によって1992年に開発されました。現在 Linux のブームにより、Linux、Sun や HP の UNIX マシンをベースとした数千、数万のユーザをサポートする Samba マシンが企業のインフラとして長い間活躍してきています。

 現在世界で1000万台以上のUNIXマシンでSambaは稼働しており、Linuxの普及に伴って、Windows NT/200xサーバを置き換えたり、機器に組み込まれて利用される事例も増えて来ています。

 現在Sambaは、 Andrew Tridgell 氏やJeremy Allison 氏らによってボランティアではなく、 専任の担当者によって、開発・サポートが行われています。 (もちろん、日本人を含めた世界中のボランティアの方も多数参加しています)

 今後リリース予定の Samba 4.0 では、Active Directoryのサポートなど、ますます企業や学校などの大規模システムでの利便性・適応性が増すことでしょう。

参考

個人用ツール