ドメインログオン時にローカルプロファイルを利用する方法

提供: Samba-JP
移動先:案内検索
KB番号 J0054
最終更新日 2003/11/12
作成者 清水川貴之
最終更新者 太田俊哉

対象

この文書は、以下のプロダクトに付いて説明したものです。

  • Samba 2.2.x
  • Samba 2.0.x

現象

SambaをPDC(プライマリ・ドメイン・コントローラ)として設定した場合、デフォルトで移動プロファイルが利用されます。

原因

logon path を明示的に設定しなかった場合、デフォルト値としてlogon path = \\%N\%U\profileという値が、同様にlogon homeを明示的に設定しなかった場合は、logon home = \\%N\%Uという値が設定されます。

login pathやlogon homeの値が設定されている場合、移動プロファイルが利用されます。

また、LDAPとSambaを連携させている場合には、上記のパラメータに加え LDAPデータベース中に含まれる各ユーザエントリ中のprofilePathなどで制御されます。

対処策

以下のいずれかを行うことで、移動プロファイルの利用を抑止することが可能です。

1.Windows側でプロファイルの種類をローカルに指定する

Windows2000の場合、[システムのプロパティー]->[ユーザープロファイル]でプロファイルの種類を変更することが出来ます。この方法の場合、ユーザ毎にプロファイルの種類を指定することが出来ます。

2.Samba側で移動プロファイルの設定をクリアする

以下のように、smb.conf中に明示的に移動プロファイルを使わない設定を記述することで、移動プロファイルの使用を禁止します。Windows NT/2000/XP では、

     [global]
     	logon path = 

のように、Windows 9x/Me では、

     [global]
     	logon home = 

のように設定を行ないます(Windows NT系と、9x系で設定が異なるのは、Windows側の仕様によるものです)。

この場合、Windows側では強制的にローカルプロファイルが使用されます。(移動プロファイルは使用できません)

3.-F "" パラメータを付加する

ユーザをsmbldap-useradd.plで追加、あるいはsmbldap-usermod.plで変更する際に、 前項の設定に加えて、-F "" パラメータを付加します。この方法の場合、ユーザ毎に移動プロファイルの利用の有無を指定します。

この技術情報は samba-jp:10511とsamba-jp:15572 からの一連のスレッドの議論を元に作成されています。