メンバサーバ評価環境

提供: Samba-JP
移動先:案内検索

この資料は、Samba + Winbind 環境を VMware上の Debian GNU/Linux 3.1 (Sarge) 上に構築したものです。その仮想ディスクイメージを公開します。

動作検証用などに使ってください。

不具合点の指摘や要望などは Samba-JPメーリングリスト に御願いします。

ダウンロード

以下のURLをクリックしてください。

機能

  • 「AD」というActive Directoryのメンバサーバとして機能します。
  • Winbind 機構の設定済です。

設定内容

Linuxのアカウント

  • root (パスワードはsamba)
  • local (パスワードはlocal)

ネットワーク設定

  • ホスト名
    sambapdc
  • DNSドメイン名
    samba.local
  • DN
    dc=samba,dc=local
  • TCP/IP設定
    DHCPにより取得
  • VMware設定
    NATインタフェース

初期インストール時の設定

設定項目 設定内容
言語 英語(未設定)
地域 日本
キーボード 101英語キーボード
ホスト名 sambapdc
TCP/IP設定 DHCP
パッケージ取得先 ftp.debian.org

インストールしたパッケージ

パッケージ名 用途
samba Samba本体
winbind Winbind機構
libnss-ldap UNIXユーザをLDAP管理するためのモジュール
libpam-ldap 認証をLDAPで行うためのモジュール
libpam-smbpass UNIXユーザのパスワード変更をSamba経由で行うためのモジュール
acl ACL機能を有効化するツール
attr 拡張属性を扱うためのツール
ssh 管理用、リモートアクセス用
rcconf 管理用、rcファイルの管理用
wipe 管理用、安全なファイル消去

設定したファイル

ファイル名 用途
/etc/samba/smb.conf Sambaの設定ファイル
/etc/nsswitch.conf
/etc/printcap OpenLDAP設定ファイル
/etc/ldap/schema/samba-3.0.20b.schema OpenLDAP用のSambaスキーマ定義ファイル
/etc/smbldap-tools/smbldap.conf smbldap_toolsの設定ファイル
/etc/smbldap-tools/smbldap_bind.conf smbldap_toolsのパスワード格納ファイル
/etc/pam.d/common-auth PAM設定ファイル
/etc/pam.d/common-account 同上
/etc/pam.d/common-session 同上
/etc/pam.d/common-password 同上
/etc/ssh/sshd_config SSHサーバ設定ファイル
/etc/fstab マウントするファイルシステムの設定ファイル
  • /etc/resolv.conf
search ドメイン名
nameserver DCのIPアドレス
  • /etc/samba/smb.conf
workgroup = ドメインのNetBIOS名
realm = ドメインのFQDNの大文字



リリースノート

バージョン0.1 (2006/01/01)

  • 初期版