存在しないホームディレクトリが共有一覧に表示される

提供: Samba-JP
移動先:案内検索
KB番号 J0008
最終更新日 2001/02/24
作成者 たかはしもとのぶ
最終更新者

対象

この文書は、以下のプロダクトに付いて説明したものです。

  • Samba 2.0.7 日本語版リリース1.3
  • Samba 2.0.7 日本語版リリース1.2.1
  • Samba 2.0.7 日本語版リリース1.2
  • Samba 2.0.7 日本語版リリース1.1
  • Samba 2.0.7 日本語版リリース1.0
  • Samba 2.0.7

現象

Sambaで[homes]共有が有効になっていると、Sambaにゲストアカウント以外で接続した際にユーザのホームディレクトリが表示されますが、そのホームディレクトリのパスが存在していない場合でも共有が表示されてしまいます。

この場合ユーザがホームディレクトリの共有に接続しようとするとエラーが発生します。

原因

ユーザの接続時にホームディレクトリを自動的に共有する際に、ホームディレクトリの存在を確認していないのが原因です。この部分のロジックは source/param/loadparm.c 中にあります。

対処方法

この問題に対する対処を行なったSamba 2.0.7日本語版リリース2.0以降を利用してください。

なお、Samba 2.0.7 オリジナル版に以下のパッチを適用することでもこの問題を解決できます。これ以前のバージョンに対しても、同様のロジックを適用することで、この問題を修正することが可能だと思われますが、確認はしていません。

samba-2.0.7_homes_share.patch