CUPSサーバを起動していないと、sambaのログにエラーが出力され続ける

提供: Samba-JP
移動先:案内検索
KB番号 J0095
最終更新日 2008/04/01
作成者 太田俊哉
最終更新者 太田俊哉

対象

この文書は、以下のプロダクトに付いて説明したものです。

  • Samba 3.0 系列

現象

CUPS (Common Unix Printing System) サーバを起動していないと、Sambaで印刷機能を使わないにもかかわらず、Sambaのログに

Unable to connect to CUPS server localhost - 接続を拒否されました

というエラーが出続けます。

説明

これはSambaの仕様です。

Samba3.0系列では、規定値として、印刷機能をCUPSとしています。そのため、printing パラメータで明示的に指定しないと、CUPSサーバの存在を確認してしまいます。その結果前述のエラーが表示されます。

対処策

印刷機能を使わない場合、printing パラメータを以下のように変更してください。

printing = bsd

これで、SambaはCUPSサーバの存在を調べなくなります。

この情報は、samba-jp:19507 からの一連のスレッドの議論を元に作成されています。