Coding system = SJIS だと長いファイル名が不正になる

提供: Samba-JP
J32から転送)
移動先:案内検索
KB番号 J0032
最終更新日 2001/05/08
作成者 たかはしもとのぶ
最終更新者

対象

この文書は、以下のプロダクトに付いて説明したものです。

  • Samba 2.0.7
  • Samba 2.0.7 日本語版リリース2.1

概要

Samba の実装では、アルファベットの大文字と小文字を同一視しますが、2バイト文字の2バイト目についてもこの操作が行なわれてしまいます。その為、coding system = SJIS の時に一部のファイル名同士の長いファイル名が同一になってしまい片方のファイルにアクセスできないなどの不具合が発生します。

例えば以下の各ファイル名は長いファイル名が同一のため、片方にアクセスできないなどの問題が発生します。

対策

Samba 2.0.7日本語版リリース2.2以降を利用してください。