不正な guest account 設定により、Sambaがマスタブラウザになるとブラウジングが機能しない

提供: Samba-JP
J56から転送)
移動先:案内検索
KB番号 J0056
最終更新日 2001/09/21
作成者 たかはしもとのぶ
最終更新者

対象

この文書は、以下のプロダクトに付いて説明したものです。

  • Vine Linux 2.1
  • Vine Linux 2.1.5
  • PS2 Linux 1.0beta
  • HP-UX

現象

上記のLinuxでOS付属のパッケージを利用している場合、もしくはHP-UX上でSambaを利用している場合に、Samba がマスタブラウザになっても、ブラウズリストの問い合わせに応答しません。そのため、ネットワークコンピュータでコンピュータの一覧が取得できないなどの障害が発生します。 なお、HP社が提供しているCIFS/2000(Samba 2.0.7相当)をデフォルトの設定のまま利用している場合は、この現象は発生しません。

原因

これは、LinuxディストリビューションのSambaのパッケージングの不具合およびHP-UXの場合は、デフォルトのゲストアカウントであるnobodyのuidが負の値であることに起因します。

HP-UXに関する障害の詳細は、 [[HP-UX に ゲストアカウントで接続しようとするとSambaが停止する|J0037: HP-UX に ゲストアカウントで接続しようとするとSambaが停止する を参照してください。

問題が発生するLinuxディストリビューションにおいては、パッケージがインストールするsmb.conf中で

[global]
    guest account = smbguest

という設定が行われているため、ゲストアカウントが smbguest というアカウントに指定されています。しかし、このアカウントが存在しないため、結果としてゲストアクセスが行えない状態になっています。 ブラウジング機能が動作するにはゲストアカウントが必要なため、この状態ではブラウジング機能が動作しません。

対処策

以下のいずれかを行うことで正常動作するようになります。

1. Linux 上に smbguest アカウントを追加する

以下のようにすることで、アカウントの追加が可能です。
         # useradd -M -s /dev/null smbguest

2. guest account パラメータの値を実在するアカウントにする

guest account の行を削除するか、パラメータの値を /etc/passwd ファイルに実在するアカウントに設定します。