Samba コンパイル環境に最低限必要なパッケージ

提供: Samba-JP
移動先:案内検索
KB番号 J0091
最終更新日 2011/12/04
作成者 たかはしもとのぶ
最終更新者 たかはしもとのぶ

対象

この文書は、以下のプロダクトに付いて説明したものです。

  • Samba 3.0 系列
  • Samba 3.2 系列
  • Samba 3.6 系列
  • Samba 4.0 系列
  • Debian GNU/Linux 3.1
  • Debian GNU/Linux 4.0
  • Debian GNU/Linux 5.0
  • Debian GNU/Linux 6.0
  • CentOS 4.4

Samba 3.0 系列

Samba 3.0 系列をコンパイルする際に最低限必要なパッケージについて記載します。

以下のオプションをつけて configure およびコンパイルを確認しています。

./configure --enable-cups (--with-libiconv=/usr/local) --with-automount --with-cifsmount
--with-smbmount --with-pam --with-pam_smbpass --with-sys-quotas --with-syslog --with-utmp 
--with-ldap --with-ldapsam(Samba 3.0.23まで) --with-ads --with-winbind --with-acl-support 
--with-smbwrapper --with-profiling-data --with-readline 
--with-shared-modules=idmap_ad,idmap_adex,idmap_hash,idmap_ldap,idmap_rid,idmap_tdb 

Samba 3.0.25 以降は以下のオプションも追加しています

--with-dnsupdate

CentOS 4.4

以下のパッケージ(および依存関係にあるパッケージ)が必要です。

  • gcc
  • pam-devel
  • openldap-dev
  • krb5-devel

Debian GNU/Linux 3.1 / 4.0 / 5.0

以下のパッケージ(および依存関係にあるパッケージ)が必要です。

  • gcc
  • make
  • libc6-dev
  • libpam0g-dev (--with-pamを有効にした場合)
  • libldap2-dev (--with-ldapを有効にした場合)
  • libkrb5-dev (--with-adsを有効にした場合)
  • libacl1-dev (--with-acl-supportを有効にした場合)
  • libcupsys2-dev (--enable-cupsを有効にした場合)
  • libreadline-dev (--with-readlineを有効にする場合)
  • libuuid-dev (3.0.25以降) → uuid-dev(etch でパッケージ名変更)

Samba 3.2 系列以降の Samba 3.x 系列

Samba 3.2 系列以降の Samba 3.x 系列をコンパイルする際に最低限必要なパッケージについて記載します。

以下のオプションをつけて configure およびコンパイルを確認しています。

./configure --enable-dns_sd --enable-swat --with-profiling-data --with-ldap --with-ads 
--with-dnsupdate --with-automount --with-cifsmount --with-pam --with-pam_smbpass
--with-syslog --with-utmp --with-acl-support --with-winbind --with-readline 
--enable-cups --with-shared-modules=idmap_ad,idmap_ldap,idmap_rid,idmap_tdb2

Debian GNU/Linux 4.0 / 5.0 / 6.0

以下のパッケージ(および依存関係にあるパッケージ)が必要です。

  • gcc
  • make
  • libc6-dev
  • libpam0g-dev
--with-pam に必要
  • libldap2-dev
  • libkrb5-dev
  • libacl1-dev
--with-acl-support に必要
  • libuuid-dev → uuid-dev(etch でパッケージ名変更)
--with-dnsupdate に必要
  • libavahi-compat-libdnssd-dev
--enable-dns_sd に必要(Samnba 3.5.0以降ではこのオプションが廃止されたので上記ライブラリも不要)
  • libcups2-dev

Samba 4.0 系列

Samba 4.0 系列をコンパイルする際に最低限必要なパッケージについて記載します。

以下のオプションをつけて configure およびコンパイルを確認しています。

./configure

Debian GNU/Linux 3.1

以下のパッケージ(および依存関係にあるパッケージ)が必要です。

  • gcc
  • make
  • libc6-dev
  • libpam0g-dev
  • libreadline5-dev
  • libgnutls11-dev
  • libacl1-dev
  • autoconf (TP版)

Debian GNU/Linux 4.0

以下のパッケージ(および依存関係にあるパッケージ)が必要です。

  • gcc
  • make
  • libc6-dev
  • libpam0g-dev
  • libreadline5-dev
  • libgnutls11-dev
  • libacl1-dev
  • autoconf (TP版)

Debian GNU/Linux 5.0(lenny)

以下のパッケージ(および依存関係にあるパッケージ)が必要です。

  • gcc
  • make
  • libc6-dev
  • libpam0g-dev
  • libreadline5-dev
  • libgnutls11-dev
  • libacl1-dev
  • autoconf (TP版)
  • python2.4-dev (samba-4.0.0alpha10)
  • perl

Debian GNU/Linux 6.0(squeeze)

以下のパッケージ(および依存関係にあるパッケージ)が必要です。

  • gcc
  • make
  • libc6-dev
  • libpam0g-dev
  • libreadline5-dev
  • libgnutls11-dev
  • libacl1-dev
  • python-dev
  • perl