Samba 3.5.0 リリースノート

提供: Samba-JP
移動先: 案内検索

Samba 3.5.0 リリースノートの翻訳になります。不備がある場合は適宜加筆、修正をお願いします。

Samba 3.5.0リリースノート(2010年3月1日)

これは Samba 3.5.0 の最初の安定版のリリースです。

Samba 3.5.0 の主な機能拡張点を以下に示します:

  • 全体的な変更点:
    • Windows の時刻精度の完全なサポートが新たに追加された
    • Using Samba の HTML が削除された
    • net、smbclient、libsmbclient が Winbind によってキャッシュされた資格情報を用いるようになった
    • 「wide links」パラメータのデフォルト値が「no」に変更された
  • プロトコルの変更点:
    • SMB2 の試験的な実装が行われた
  • 印刷に関する変更点:
    • CUPS サーバとの接続における暗号化機能がサポートされた
  • Winbind の変更点:
    • 大幅なリファクタリング
    • 非同期化
  • VFS モジュール:
    • vfs_scannedonly モジュールが新たに追加された

全体的な変更点

Windows の時刻精度の完全なサポートが新たに追加された。これにより、Linuxカーネル(2.6.22以上)とglibc(2.6以上)がサポートされているバージョンであれば Windows の 100ns 単位の時刻精度が利用可能となった。

Using Samba の HTML が Samba の tar アーカイブから削除された。これは http://www.samba.org/samba/docs/using_samba/toc.html で提供を続けている。

net、smbclient といった Samba のクライアントツールや libsmbclient がログオンの際に Winbind によってキャッシュされた資格情報を用いることが可能となった。これにより Nautilus から Samba サーバに接続する際にユーザ 名とパスワードを再入力する必要がなくなるためとても便利である。この機能はデフォルトで有効となっているが、環境変数 LIBSMBCLIENT_NO_CCACHE を設定することでアプリケーション単位に無効とすることも可能である。

セキュアでないデフォルト設定(「wide links = yes」および「unix extensions = yes」)を避けるため、「wide links」のデフォルト値が「no」に変更された。詳細については、以下を参照のこと: http://www.samba.org/samba/news/symlink_attack.html

プロトコルに関する変更点

実験的な実装ながら、SMB2 プロトコルが追加された。SMB2 は「max protocol = smb2」と設定することで有効にできる。SMB2 は Windows Vista 以降で実装された SMB プロトコルの新しい実装である。

印刷に関する変更点

新しいパラメータ「cups encrypt」が追加され、CUPS サーバへの接続を暗号化するかどうかを制御できるようになった。デフォルトでは暗号化されない接続が用いられる。

Winbind の変更点

Winbind デーモンは内部的にリファクタリングされ、非同期に動作するようになった。新しい Winbind では、「getent group」や「getent passwd」実行時に処理がブロックされない。

VFS モジュール

新しい VFS モジュールである「scannedonly」が追加された。これはアンチウイルスのエンジンとやりとりを行い、ファイルがウイルスに汚染されているかどうかを記録するフィルタである。ユーザからは汚染されていないファイルのみをファイルシステム上で確認できる。

変更点

smb.confの変更点

  Parameter Name                      Description     Default
  --------------                      -----------     -------
  create krb5 conf		       New	       yes
  ctdb timeout			       New	       0
  cups encrypt			       New	       no
  debug hires timestamp	       Changed Default yes
  ldap deref			       New	       auto
  ldap follow referral		       New	       auto
  nmbd bind explicit broadcast	       New	       no
  wide links			       Changed Default no

新しい configure オプション

--enable-external-libtdb	外部の tdb ライブラリを有効にする
--enable-netapi			netapi のサポートを有効にする
--enable-pthreadpool		pthreads プールのヘルパーサポートを有効にする
--with-cifsumount		umount.cifs (Linux のみ)のサポートを有効にする
--with-codepagedir=DIR		codepage を配置する場所を指定する

主要なコミット内容

  • Björn Jacke <bj@sernet.de>
    • Windows の時刻精度の完全なサポート
    • CUPS サーバとの接続における暗号化機能のサポート
  • Volker Lendecke <vl@samba.org>
    • Winbind デーモン内部の大幅なリファクタリング
    • Winbind の非同期化
    • net、smbclient、libsmbclient が Winbind によってキャッシュされた資格情報を用いるようにする変更
  • Stefan Metzmacher <metze@samba.org>
    • 最新の SMB2 プロトコルの実装(実験段階)

(詳細な修正点は省略)

ダウンロードの詳細

伸長した tar アーカイブおよびパッチファイルは GnuPG (ID 6568B7EA) を用いて署名されています。ソースコードは以下からダウンロード可能です:

リリースノートは以下から取得可能です:

バイナリパッケージは以下から取得可能です:


Our Code, Our Bugs, Our Responsibility. (https://bugzilla.samba.org/)

--Enjoy The Samba Team

参考