Samba PDC (OpenSUSE)

提供: Samba-JP
移動先:案内検索

SuSE Studioでのマスタ作成

susestudioにて、マスタ媒体を作成する。作成時のパラメータは以下の通り。

  • パターン
    • Base
    • devel_rpm_build
  • パッケージ
    • apache2
    • automake
    • bootsplash-branding-openSUSE
    • cracklib
    • cracklib-devel
    • craclib-dict-full
    • dhcp-client
    • gcc
    • iputils(後で個別に追加)
    • kernel-default
    • ldapsmb
    • less
    • ltrace
    • make
    • mdadm
    • nss_ldap
    • openldap2
    • openldap2-devel
    • pam_ldap
    • perl
    • samba
    • samba-client
    • samba-devel
    • samba-winbind
    • strace
    • SuSEfirewall2
    • tcpdump
    • vim
    • w3m
    • yast2
    • yast2-firstboot
    • yast2-ncurses
    • yast2-samba-client
    • yast2-samba-server
    • zypper
  • Configuration
    • Default locale
      • Language Japanese
      • Keyboard Japanese
    • Default timezone
      • Region Asia
      • Time Zone Tokyo
    • Network
      • Discover network settings automatically (DHCP)
    • User and Groups
      • root(samba)
      • local(local)
      • tux(linux)
    • Startup
      • Start in runlevel 3
    • Disk and Memory
      • Momory 128MB
      • Disk 8GB
      • Swap partition 512MB
    • Additional options
      • Enable VMware CD-ROM support
  • ファイル
    • /etc/HOSTNAME

マスタ作成後の調整

設定画面での修正

  • NetworkをブリッジからNATに変更
  • フロッピーを削除

起動後の初期設定

VMイメージを起動した後の初期設定は以下の通り。

システムの初期設定

boot時パラメータの変更

/boot/grub/menu.listの起動時パラメータを以下のように変更

kernel (hd0,0) ...中略... vga=771 showopts

/etc/fstab ファイルを以下のように変更

/dev/sda1 / ext3 defaults,acl,user_xattr 0 0

セットアップスクリプト等の組み込みと実行

RPMで提供されているバイナリの一部(/usr/bin/net)は、openSUSEで使う時には問題がある。そのため、バイナリを差し替える。また、いくつかのdaemonを、起動時から動作するように設定する。この設定を行うためのスクリプトとしてinitialsetup.shがあるのでそれを実行する。

あらかじめ用意されている、sambasetup-4.0.4.tar.gz を/rootに置き、解凍する。この作業によりバイナリの入れ替えとdaemon設定等を行う。

セットアップスクリプトの実行

/root 配下でsambasetup.shを実行する。