Samba PDC (etch)

提供: Samba-JP
移動先: 案内検索

VMware 仮想マシンの作成

仮想マシン作成の作成

仮想マシン作成ウィザードで以下を指定

  • Typical を選択
  • Other Linux 2.6.x kernel を選択

Etch インストール

インストーラで以下を指定

  • 「Choose language」で「English」を選択
  • 「Choose country」で「Japan」を選択
  • 「Choose a locale」で「en_US」を選択
  • 「Choose other locale to be supported」でなにも選択せず「Continue」を押す
  • 「Keymap to use」で「Americal English」を選択
  • 「Configure network」で以下を指定
    • ホスト名「sambapdc」
    • ドメイン名「samba.local」
  • パーティション設定で以下を指定
    • 「Guided - use entire disk(デフォルト)」を選択
    • パーティションを作成するディスクとして SCSI1 を選択(それ以外選択できない)
    • パーティション構成で「All files in one partition(デフォルト)」を選択
    • 「Finish partitioning and write changes to disk」を押す
    • 「Write changes to disks?」に <Yes>を選択
  • Root password を「samba」に設定
  • Full name for new user で「Debian installer main menu」になるまで、何度か<Go back> を選択
これを行わずに普通にインストールを続行すると、無用なパッケージがインストールされるので注意。
  • Install the base system を選択
  • Kernel to install で「linux-image-2.6-686」を選択
  • Use a network mirror で <No>
  • Choose software to install ですべてのチェックをはずす
  • GRUB boot loader to the master boot record? に <yes>
  • Installation complete で <Continue>
ここで再起動が行われる
  • Create new identity に No
Yes にした場合、以下の eth1 を認識される設定を行うまでネットワークが利用できない。
  • 仮想マシンの名称を Samba PDC 2.0 に変更

基本的な設定

  • eth1 用の設定を追加
仮想マシンのイメージを他で転用すると、通常 MAC アドレスが変更となり、OS から認識されるインタフェース名も eth0 ではなく eth1 になる。そのための設定
/etc/network/interfaces に以下を追加
allow-hotplug eth1
iface eth1 inet dhcp
  • APT コマンドの設定とパッケージの更新
/etc/apt/sources.list の内容を以下に変更
deb http://ftp.jp.debian.org/debian etch main contrib
deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian etch main contrib
deb http://security.debian.org/ etch/updates main contrib
deb-src http://security.debian.org/ etch/updates main contrib
以下のコマンドを実行
apt-get update
apt-get upgrade security
apt-get clean
カーネルがバージョンアップされた場合は、一度再起動する
  • 基本的な設定とパッケージのインストール
管理用パッケージをインストール
apt-get install ssh rcconf sysv-rc-conf jless
apt-get clean
ユーザの追加
useradd -s /bin/bash -m local
passwd local (パスワードは local に設定)
ACL関連の設定
apt-get install attr acl 
/etc/fstab で acl,user_xattr をマウントオプションに追加
defaults,errors=remount-ro を defaults,acl,user_xattr,errors=remount-ro に変更
LDAP 関連のインストール
apt-get install slapd ldap-utils
Admin password には ldap を指定する。
/etc/ldap/slapd.conf を変更
Samba 3.0.25a の samba.schema ファイルを /etc/ldap/schema に samba-3.0.25a.schema としてコピー
再起動

LDAP にアカウントを格納する設定

apt-get install libnss-ldap
libnss-ldap URL はデフォルトのまま
DN は、dc=samba,dc=local
LDAP account for root は dc=admin,dc=samba,dc=local
LDAP version to use は「3(デフォルト)」
/etc/nsswitch.conf ファイルに LDAP キーワードを追加
apt-get install libpam-ldap
LDAP account for root は dc=admin,dc=samba,dc=local
パスワードは ldap
  • /etc/pam.d/common-account
account sufficient      pam_ldap.so ← 追加
account required        pam_unix.so
  • /etc/pam.d/common-auth
-auth   required        pam_unix.so nullok_secure
+auth   sufficient      pam_ldap.so
+auth   required        pam_unix.so nullok_secure use_first_pass
+#auth  optional        pam_smbpass.so debug
  • /etc/pam.d/common-session
session        optional        pam_ldap.so
  • /etc/pam.d/common-password
-password   required   pam_unix.so nullok obscure min=4 max=8 md5
+password   sufficient pam_unix.so nullok obscure min=4 max=8 md5
+password   required pam_ldap.so use_first_pass
+password   required pam_smbpass.so use_authtok try_first_pass


Samba の設定

# apt-get install samba smbclient libpam-smbpass
  • workgroup/domain name に SAMBADOM を指定
  • /etc/samba/smb.conf /etc/samba/mgrshare
上記ファイルを追加
# chmod +x /etc/samba/mgrshare
ファイルが存在しないことによるエラーを抑止
# touch /etc/printcap
# smbpasswd -w ldap

/home/shared を作成。

/var/lib/samba/shares 以下の共有の作成

mkdir -p /var/lib/samba/shares/{netlogon,profiles,printers}
chmod 1777 /var/lib/samba/shares/profiles
chmod g+ws /var/lib/samba/shares/printers
chgrp "Print Operators" /var/lib/samba/shares/printer

smbldap-tools の設定

  • apt-get install smbldap-tools

/etc/smbldap-tools に smbldap_bind.conf と smbldap.conf を作成。

  • net getlocalsid で取得した SID を smbldap.conf に設定
  • smbldap-populate -a Administrator -b Guest

Administrator のパスワードには「samba」を指定。

# mkdir /home/Administrator
# chgrp "Domain Admins" /home/Administrator
# chmod 700 /home/Administrator
# smbldap-usermod -H "Domain Users","Domain Admins" Administrator

# net rpc rights grant SeMachineAccountPrivilege Administrator -U Administrator%samba
# net rpc rights grant SeTakeOwnershipPrivilege Administrator -U Administrator%samba
# net rpc rights grant SeBackupPrivilege Administrator -U Administrator%samba
# net rpc rights grant SeRestorePrivilege Administrator -U Administrator%samba
# net rpc rights grant SeRemoteShutdownPrivilege Administrator -U Administrator%samba
# net rpc rights grant SePrintOperatorPrivilege Administrator -U Administrator%samba
# net rpc rights grant SeAddUsersPrivilege Administrator -U Administrator%samba
# net rpc rights grant SeDiskOperatorPrivilege Administrator -U Administrator%samba
# mkdir /home/Guest
# chgrp "Domain Guests" /home/Guest
# chmod 700 /home/Guests
  • 一般ユーザを作成
# smbldap-useradd -a -u 1001 -m ldap01
# smbldap-passwd ldap01