Security = serverの時にSambaサーバ上のユーザで認証したい

提供: Samba-JP
移動先: 案内検索
KB番号 J0084
最終更新日 2006/12/24
作成者 たかはしもとのぶ
最終更新者

対象

この文書は、以下のプロダクトに付いて説明したものです。

  • Samba 3.0.23
  • Samba 3.0.14a
  • Samba 3.0 系列

説明

Samba 3.0 系列の Samba サーバを

 security = server

 security = domain

で運用している場合、基本的に Samba サーバへの認証要求は password server パラメータで指定された SMB サーバにリダイレクトされます。

しかし、以下のようにユーザ名を「Sambaサーバ名\ユーザ名」形式で指定することで、こうした環境下でも、Sambaサーバ上に存在するユーザとして認証することが可能です。

net use \\SERVERNAME\share /user:ServerName\UserName

もちろん、GUIからアクセスすることも可能です。その場合もユーザ名を上記の形式で指定してください。

Samba 2.2系列までの挙動

Samba 2.2 系列までは、

 security = server

の設定が行われている際に、password server で指定されたサーバ上に存在しなかったアカウントについては、自動的に Samba サーバ上に存在するアカウントとみなして認証が実施されていました。

参照情報

この技術情報は samba-jp:19105 から始まる一連の議論を参考に作成されています。