ファイルのディスク使用量として非常に大きな値が表示される

提供: Samba-JP
2006年8月10日 (木) 10:57時点におけるRibbon (トーク | 投稿記録)による版 (J0023)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先:案内検索
KB番号 J0023
最終更新日 2002/05/18
作成者 たかはしもとのぶ
最終更新者

対象

この文書は、以下のプロダクトに付いて説明したものです。

  • Samba 2.2.2 日本語版リリース1.1
  • Samba 2.0.7
  • Samba 2.0.7 日本語版
  • Windows 2000
  • Windows NT 4.0

現象

Windows NT や Windows 2000 のエクスプローラでファイルのプロパティを表示させると、「ディスク上のサイズ」として非常に大きい値が表示されることがあります。 例えば、1KBのファイルのディスク上のサイズとして、2,097,152 バイト (2Mバイト) という値が返却されることがあります。

なお、実用上特に不具合はありません。

原因

これは、Sambaの仕様です。

Samba は、提供する共有のクラスタサイズ(ファイルが占有する最小単位)を計算する際に、その共有がFAT16というファイルシステムでフォーマットされていると仮定してクラスタサイズを計算しています。

FAT16ではパーティションあたりのクラスタ数が16ビット分(65536個)に制限されているため、例えば30GBのディスクの場合、65536で割った商は約460000となり、この値を越える最小の2の累乗である512K(524288)バイトがクラスタサイズとして算出されます。 このような算出方法のため大容量のパーティションではクラスタサイズが非常に大きくなってしまいます。