Rpcclient の Usage 表示が不正になる

提供: Samba-JP
2006年8月17日 (木) 10:46時点におけるRibbon (トーク | 投稿記録)による版 (新規追加)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先:案内検索
KB番号 J0047
最終更新日 2001/06/30
作成者 たかはしもとのぶ
最終更新者

対象

この文書は、以下のプロダクトに付いて説明したものです。

  • Samba 2.0.9 日本語版リリース1.0
  • Samba 2.0.10

現象

rpcclient コマンドで不正なオプション指定を行った時に表示される Usage 画面が不正になります。

 % rpcclient foobar -h
 foobar: invalid option -- h
 Usage: foobar server [options]
         -A authfile           file containing user credentials

foobar と表示される部分は、本来 rpcclient のパス名になっている必要があります。

原因

これは、Sambaのコーディングミスです。

対処策

この問題に対応したSamba 2.0.10日本語版リリース1.0を利用してください。

この技術情報は sugj-tech:3537 からの一連のスレッドの議論を元に作成されています。