ボリュームラベルが意図しない文字列となる

提供: Samba-JP
J101から転送)
移動先:案内検索
KB番号 J0101
最終更新日 2001/04/18
作成者 長谷川陽介
最終更新者

対象

この文書は、以下のプロダクトに付いて説明したものです。

  • Samba 2.0.7 日本語版
  • Windows 98

現象

volume オプションを使用して、ピリオドを含む文字列や 8+3 形式でない文字列をボリュームラベルとして設定した場合に、クライアント側ではボリュームラベルが意図した結果とは異なった文字列となります。

例えば、volume = "A.B.C" と設定したときに、Windows側で共有をネットワークドライブに割り当て、プロパティを表示させるとボリュームラベルには"A BC"が表示されます。

原因

これは Windows 側の制限です。

対処方法

対処方法はありません。volume オプションの本来の用途を考えると 8+3 形式に当てはまらないボリュームラベルはつけるべきではありません。

この技術情報は sugj-tech:2761 からの一連のスレッドの議論を元に作成されています。