Max log size を超えてエラーが記録される

提供: Samba-JP
J111から転送)
移動先:案内検索
KB番号 J0111
最終更新日 2001/12/8
作成者 はせがわようすけ
最終更新者

対象

この文書は、以下のプロダクトに付いて説明したものです。

  • Samba 2.0.10-ja-1.1
  • Windows 2000

現象

マウントされている Samba サーバのフォルダを Windows 2000 上のエクスプローラから削除すると、 Samba が大量のエラーログを出力することがあります。

少なくとも、以下の手順で再現することが確認されています。

  1. エクスプローラで Samba の共有フォルダを選択
  2. エクスプローラの左側ペイン(TreeView)で右クリック
  3. コンテキストメニューから削除を実行

このとき、Samba 側では以下のようなエラーメッセージが多いときでは800回以上記録されます。

[2001/11/24 20:46:06, 0] smbd/nttrans.c:create_directory_notify_hash(1489)
  create_directory_notify_hash: Unable to stat name = XXXXXXXX. Error was No such file or  directory

ここで、XXXXXXXXは削除するフォルダの名前です。

この出力は max log size パラメータの設定で抑止することができません。

原因

これは、Samba 2.0.x のバグと思われます。

恐らく、ファイルを削除してしまってから create_directory_notify_hash() を呼び出してしまうタイミングがあるために 発生するエラーだと思われます。

なお、max log sizeパラメータでログの最大容量を制限していた場合でも、この現象が発生した場合、 ログの容量をチェックするルーチンが実行されないため、制限を越えて大量にログが記録されます。

対処策

Samba 2.0.x を使う上での対処策はありません。Samba 2.2.x ではこのエラーは発生しないことが確認されていますので、Samba 2.2.x を使用してください。

この技術情報は samba-jp:11231 からの一連のスレッドの議論を元に作成されています。