Windows 2000 でフォルダ削除時に多量のエラーログが出る

提供: Samba-JP
J112から転送)
移動先:案内検索
KB番号 J0112
最終更新日 2001/12/8
作成者 はせがわようすけ
最終更新者

対象

この文書は、以下のプロダクトに付いて説明したものです。

  • Samba 2.0.x

現象

Samba が何らかのエラーを起こした場合、max log size で指定されたサイズを超えてエラーログを記録すること があります。

原因

Samba のログの記録では、log ファイルは1つの SMB request を処理し終わる度に、 現在のサイズを調べ、指定されたサイズよりも大きければ現在のファイルを log.%m.old というファイル名にrename した上で新しいファイルを開く、 という設計になっています。 ですので、1つの SMB request を処理しようとしたときに大量の log が発生した場合には max log size を超えてログが記録されます。

このような現象は

  • write_data() 関数のエラーログでディスク領域が使い果たされる
  • Windows 2000 でフォルダ削除時に多量のエラーログが出る

などで確認されています。

対処策

対処策はありません。 基本的にはエラーが出る要因を1つずつ対処するしかありません。

この技術情報は samba-jp:10004 、samba-jp:11231 からの一連のスレッドの議論を元に作成されています。