Nmbd のログが増え続ける

提供: Samba-JP
移動先:案内検索
KB番号 J0077
最終更新日 2003/02/12
作成者 たかはしもとのぶ
最終更新者

対象

この文書は、以下のプロダクトに付いて説明したものです。

  • Samba 2.2 系列
  • Samba 2.0 系列

現象

nmbd のログに以下のような内容が書き込まれ続け、すぐにログファイルの容量が増加してしまいます。

Feb  5 20:04:55 test1 nmbd[1338]:   process_name_refresh_request:
unicast name registrationrequest received for name AIU109<20> from IP
192.168.103.109 on subnet UNICAST_SUBNET.

Feb  5 20:04:55 test1 nmbd[1338]: [2003/02/05 20:04:55, 0]
nmbd/nmbd_incomingrequests.c:process_name_refresh_request(181)

原因

この問題は、Samba マシンが WINS サーバとして構成されていないにも関わらず、Samba マシンを WINS サーバとして構成したクライアントが存在した場合に発生します。

クライアントは Samba を WINS サーバだと仮定して、名前登録要求を行いますが、Samba は WINS サーバではないため、登録要求を拒否します。クライアントは定期的(デフォルト5分)にこの試行を行いますので、そのたびにエラーがログファイルに記録されます。しかもこのログは優先度 0 (一番高い) で出力されるため、log levelパラメータの値に関わらず書き込まれます。

複数のクライアントから要求が行われた場合などは、結果として、ログファイルの容量が増大する原因となります。

対処策

本来 Samba を WINSサーバとして構成しようと考えていた場合は、smb.confに

[global]
  ...
  wins support = yes

を追加し、wins serverパラメータを削除してください。WINS サーバとして構成された Samba で wins serverパラメータを設定してはいけません。

Samba を WINS サーバとして構成しようと考えていなかった場合は、クライアント側の設定を適切に変更して対処してください。