Smb.conf で %U と %Gのマクロが展開されない

提供: Samba-JP
移動先:案内検索
KB番号 J0500
最終更新日 2002/02/08
作成者 根津 研介
最終更新者

対象

この文書は、以下のプロダクトに付いて説明したものです。

  • Samba 2.2.0, Samba 2.2.1, Samba 2.2.1a
  • Samba 2.2.2(日本語版を含む)

現象

smb.confで以下のように%Gを利用しているが、アクセスしているユーザのプライマリグループ(仮にAとする)に対応する/etc/samba/smb.A.confがあっても読み込まれない。

 [JOHO]
 comment = Information Group
 path = /home/joho
 browsable = no
 available = no
 include = /etc/samba/smb.%G.conf

原因

Samba のオリジナル版の2.2.xへの変更時にデグレードが発生して%U, %G のいずれか、もしくは両方のマクロが正しく展開されません。

Sambaのバージョンと正しく機能するマクロとの関係は以下の通りです。

align=center バージョン %U %G 注記
align=center Samba 2.2.0 × ×
align=center Samba 2.2.1 × 2.2.1aを含む
align=center Samba 2.2.2 × 日本語版を含む
align=center Samba 2.2.3以降 日本語版を含む(予定)

対処策

  1. Samba 2.2.3 以降を使用してください。
  2. Samba 2.2.2-ja-1.0では、次のパッチをソースツリーで適用することで、%Gが使えるようになります。

samba-2.2.2-ja-1.0_percentg.patch

この技術情報は samba-jp:11963 からの一連のスレッドの議論を元に作成されています。