Windows VistaからのSambaドメインへの参加

提供: Samba-JP
移動先: 案内検索
KB番号 J0085
最終更新日 2011/08/05
作成者 たかはしもとのぶ
最終更新者 たかはしもとのぶ

対象

この文書は、以下のプロダクトに付いて説明したものです。

  • Samba 2.2 系列
  • Samba 2.2.12
  • Samba 3.0.0
  • Samba 3.0.14a
  • Samba 3.5.6
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Ultimate

説明

Samba 3.0 系列(Samba 3.0.0 で確認)で構築された Samba ドメインには、ドメイン参加機能を持った Windows Vista マシンのエディション(Business/Enterprise/Ultimate、ただしEnterpriseは未確認)を参加させることが可能です。以下に、smb.conf のglobal セクションの設定例を示します。

[global]
 workgroup = SAMBADOM
 domain logons = yes
 passdb backend = tdbsam
 add machine script = /usr/sbin/useradd -s /bin/false -d /dev/null %u
以前の版では「Samba ドメインに参加させるには、予め Samba ドメイン側で参加させるマシンのコンピュータアカウントを作成しておく必要があります。」という記載を行っていましたが、これは誤りです。少なくともSamba 3.5.6において、事前にコンピュータアカウントを作成しておく必要がないことを確認しています。

Samba 2.2 系列以前のバージョン(Samba 2.2.12で確認)は Windows Vista からのドメイン参加には対応していません。

これらのバージョンで Windows Vista からのドメインログオンを行おうとすると、以下のようなログが記録されて、ドメイン参加に失敗します。

[2007/03/02 11:01:57, 0, pid=13082, effective(65534, 100), real(0, 0)]
rpc_server/srv_pipe.c:api_pipe_bind_req(829)  api_pipe_bind_req: unknown auth type 1 requested.

注意

「Samba 3.0.0で確認」という記載は「Samba 3.0.10で確認」の記載ミスの可能性があります。確認された方がいらっしゃったら更新をお願いします。

参考情報

Windows NT Server が PDC の NT ドメインでも、あらかじめコンピュータアカウントを作成することで Windows Vista マシンを参加させることが可能です。ただし、Windows Vista は LAN Manager 認証レベルのデフォルトが「NTLMv2 応答のみ送信」となっているため、「NTLM 応答のみ送信」などに変更しておく必要があります。

参照情報

この技術情報は

を参考に作成されています。