転送ページの一覧

提供: Samba-JP
移動先:案内検索

1 件目から50 件目までの範囲内で最大 50 件の結果を表示しています。

(前の50件 | 次の50件) (20 | 50 | 100 | 250 | 500 件) を表示

  1. "..." というディレクトリが "..\.." として扱われる →‎ "..." というディレクトリが "..¥.." として扱われる
  2. /tmp ディレクトリの共有に関する危険性 →‎ Tmp ディレクトリの共有に関する危険性
  3. Event →‎ イベント
  4. J0001 →‎ Windows 95/98の2バイト文字ディレクトリ処理に関する不具合
  5. J1 →‎ Windows 95/98の2バイト文字ディレクトリ処理に関する不具合
  6. J10 →‎ Samba付属のSPECファイルを使ってRPMが作成できない
  7. J100 →‎ ボリュームラベルのデフォルト値に関する不具合
  8. J101 →‎ ボリュームラベルが意図しない文字列となる
  9. J102 →‎ 日本語のボリュームラベルが文字化けする
  10. J103 →‎ 上書きコピーで読み取り専用属性が消える
  11. J104 →‎ 日本語を含むドキュメント名の印刷が失敗する
  12. J105 →‎ ディレクトリの属性を保持できない
  13. J106 →‎ ディレクトリのパーミッションが勝手に変更される
  14. J107 →‎ 「セマフォがタイムアウトしました」のエラーが表示される
  15. J108 →‎ Samba 2.0.10-ja-1.1 での変更点
  16. J109 →‎ Samba における Nimda ワーム対策
  17. J11 →‎ Tmp ディレクトリの共有に関する危険性
  18. J110 →‎ SWAT が include を正しく認識しない
  19. J111 →‎ Max log size を超えてエラーが記録される
  20. J112 →‎ Windows 2000 でフォルダ削除時に多量のエラーログが出る
  21. J113 →‎ "..." というディレクトリが "..¥.." として扱われる
  22. J114 →‎ Samba をファイアウォール越しに利用する
  23. J115 →‎ Samba 上で Visual C++ のコンパイルを行うためのパラメータ
  24. J116 →‎ WindowsとUNIXのユーザー名を結びつけたい
  25. J117 →‎ 特定のグループ、ユーザにだけ見える共有を作成する
  26. J118 →‎ 共有フォルダ内の他ユーザのファイルを消せないようにする
  27. J12 →‎ プリンタ共有の path オプションとスプールディレクトリの関係
  28. J13 →‎ Write data() 関数のエラーログでディスク領域が使い果たされる
  29. J14 →‎ STATUS..LCKファイルが存在しないというメッセージが出力される
  30. J15 →‎ 大容量ファイルを転送中にキャンセルすると壊れたファイルが残る
  31. J16 →‎ 一般ユーザで smbpasswd コマンドが使えない
  32. J17 →‎ Root ユーザで unix password sync オプションが動作しない
  33. J18 →‎ Vine Linux で日本語ファイル名が文字化けする
  34. J19 →‎ Windows Me から Samba に不正なアクセスが行なわれる
  35. J2 →‎ Smbfnconv コマンドのCAP処理ルーチンの不具合
  36. J20 →‎ Username map ファイルでの日本語ユーザ名の使用について
  37. J200 →‎ Configure 時に ERROR: No locking available. と表示される
  38. J201 →‎ Vine Linuxでネットワークの一覧が取得できない
  39. J202 →‎ Smb.conf中に日本語を利用する際の注意点
  40. J21 →‎ 印刷時に日本語のドキュメント名が正しく表示されない
  41. J22 →‎ 印刷時に長いドキュメント名が正しく表示されない
  42. J23 →‎ ファイルのディスク使用量として非常に大きな値が表示される
  43. J24 →‎ Coding system = EUC の時に smbclient から日本語の共有に接続できない
  44. J25 →‎ コマンド引数に日本語を指定する際の注意点
  45. J26 →‎ 「.」からはじまるファイル名をWindows側から表示させないようにする方法
  46. J27 →‎ ドラッグアンドドロップで異なるファイル名のファイルが開く
  47. J28 →‎ Default service の文字コードが coding system に依存しない
  48. J29 →‎ 不正なホームディレクトリに接続される
  49. J3 →‎ Smb.conf.default.ja をそのまま利用すると警告がでる
  50. J30 →‎ Coding system = EUC の時に username map ファイル中で日本語ユーザ名が使用できない

(前の50件 | 次の50件) (20 | 50 | 100 | 250 | 500 件) を表示